夏用の補正 パート2

    最近は、6月以前でも気温が高い日には単衣を着る人も増えてきて、衣替えについて厳密に言われることもなくなってきました。
    私もゴールデンウィーク明けぐらいから汗ばむ陽気の日には単衣を着てしまいます。
    しっかり6月1日の衣替えを守っているのは、半衿だけ!
    塩瀬から絽の半衿に換えることで暦が表す季節を辛うじて守っていると自分を納得させています。
    絽の半衿は、夏も涼しく過ごせる「爽竹の長襦袢」につけて、半衿ごとジャブジャブ洗えるので手入れもラクチンです。

    これで本人は快適な着物生活でご満悦のはずだったのですが。。。。。

    おデブさんは薄い着物だと体型があらわになってしまうので、「夏こそ補正」が大事なんです。
    以前も、「夏に涼しい補正帯」として3年ほど前にご紹介したのですが、くたびれてきたので改良版を作ってみました。
    s2-natuhosei2.jpg


    といっても作り方はとっても簡単。薄くて長め(100cm~)のタオルにガーゼ(200cm~)を縫い合わせるだけ。
    ともに百均で調達しましたので、材料費は200円(+消費税)。
    zairyo.jpg


    私は、胸もお腹も押さえるのが主目的なので、このままぐるぐる巻きでガーゼの先をちょいと挟み込むだけでいいのですが、
    ウエストの補正が必要な方は、2つに折ったタオルの中に麻のボディタオルとか挟むと涼しそうです。

    以前のバージョンよりずいぶん長~い帯なので、洗うときはネットに入れないと洗濯物をぐるぐる巻きにしちゃいそう。

    お太鼓柄の袋帯を中接ぎ加工しました

    かなり太めのわたしにとって、お太鼓柄の名古屋帯や袋帯を結ぶのには毎回苦労しています。
    以前は、全通柄や1丈(380㎝)くらいはある昔の丸帯を使って二重ではないお太鼓に結んでいましたが、お太鼓柄にはお洒落なものも多く、何とか着付けを工夫して、前柄を脇にずらして締めたりしています。

    その洒落袋帯は、全体の長さも1丈1尺2寸(430cm)あるので大丈夫だろうと買った帯でしたが、帯の前巾部分だけ50㎝ほど金箔の地模様になっていて、私が締めると境目が正面に来てしまうので購入してから一度も締められずにいました。

    「ダイエットして締めるぞとの決意もむなしく、ウエストは膨張し続けるばかり。
    螺鈿箔のエキゾチック袋帯で珍しく、とても気に入っていたので思い切って帯の途中に接ぎを入れて自分サイズに直すことにしました。

    帯を途中で切るのは嫌いなのですが。。。。
    sunpouzu.jpg

    問題は、「帯の前半分の金縫箔の位置がずれること」と「二重太鼓にはちょっと寸法が足りないこと。」
    DSC_1085.jpg

    お太鼓と前帯の柄の間に布を足す場合は、3寸ぐらいしか増やせないので、上記の図のように手先の体に隠れる部分で7寸増やすことにしました。
    帯地だけ切り帯芯は手先に足すことにして、接ぐ場所をずらします。
    DSC_0840.jpg


    帯芯は、ゴロゴロしないように突き合わせにして「千鳥ぐけ」で縫い合わせ、接ぎ目を薄い接着テープで押さえます。
    DSC_0844.jpg
    DSC_0846.jpg

    接ぎの帯地は、手持ちの黒繻子帯地の余り布を使いました。
    表と裏それぞれを細かい針目で縫い合わせて、縫い代はアイロンで割り押さえます。
    表の端の縫い代を帯芯に綴じ、裏の帯地を綴じつけてと合わせてくけると出来上がりです。
    DSC_0848.jpg

    DSC_0850.jpg

    DSC_0851.jpg

    今回足し布した箇所は、黒地とラメ地の境目でうまく接ぐことが出来ました。
    六通袋帯の場合も柄地と無地の境目で接ぐと目立ちませんし、万が一痩せて元の寸法に戻した場合も跡がわからないのがお薦めです。
    DSC_0852.jpg

    幾何学模様の臈纈染小紋と合わせて、個性的な感じになりました。
    DSC_0855.jpg

    孫の卒園式は袴姿。(試行錯誤の準備編2)

    手持ちの着物で袴を着付ける場合は、最近はやりのレンタルに多いショートタイプではないので、

    A.あらかじめ短い丈(ひざ下位)に腰上げを縫い綴じておく。
    B.腰上げは縫わず、紐やコーリンベルトでおはしょりをたっぷり取って着付ける。

    のどちらかだと思うのですが、動画サイトでは、腰上げを縫わないのタイプばかりです。
    そこで、孫にも腰紐やコーリン、伊達締めを使っておはしょりを上げて着付けてみたのですが、おなか周りがゴロゴロするし、紐をしっかり締めないと比翼付きの着物は重たく下がってきてしまいました。
    がまん強く着付けに付き合ってくれていた孫ですがちょっとキツイ!と小声で伝えてきました。
    当日は、2時間ほどの卒園式の間、立ったり座ったり動き回りますし、式典の間に気分悪くなったら本末転倒です。

    そこで、
    あらかじめ短い丈に腰上げを縫っておくの方法に決めました。

    腰上げの位置は、着物で着る場合より上(付紐より上)でつまみ、
    丈は、袴の邪魔にならないようにひざ下位のかなり短い丈になるように待ち針で留めてザクザク縫っていきます。
    ※上下の着物幅が大きくずれますので、衿山分をずらし、衽部分を畳んで幅を揃えます。

    おはしょり

    毎年お正月にも着られるようにと大きく仕立てた紅型の四つ身振袖でしたが、
    肩上げ、腰上げで袴下用のサイズになりました。ヽ(^o^)丿
    DSC_1025b.jpg

    腰上げ出来れば、着付けは簡単です。
    1.長襦袢の上に着物を重ね、付紐で腰上げ部分を押さえると、
    分厚い腰上げが補正代わりになって衿元もしっかり着崩れしないというメリットもあります。

    2.伊達締めで付紐の上を押さえて結び、半幅帯で肩巾より少し狭い「一文字」か「文庫」に結びます。

    3.袴は、前部分を後ろの文庫の羽根にたすき掛けして前脇で交差し後ろで結びにします。
    後部分は、文庫の上にしっかり乗せて前の交差した紐に片方だけくぐらせて蝶結びをして、
    長い方の紐で結び目をくぐらせ整えます。(前回の動画の4番目の方法を参照)

    dsc_1022.jpg
    袴の上に赤い半幅帯がちょこっと覗いているのがかわいいのですが。。。もうちょっと出した方が良かったなぁ。

    ※いろんな背丈の子供がいるレンタルや美容院での着付けでは、腰上げを縫っておくことは一手間余計になりますし、着物で着る丈と違い短いので、すぐ外さなくてはならず、効率的ではないのでしょう。
    我が子や孫の場合は、それほど紐をきつく結ばなくても着崩れないAの方法をお薦めします。

    孫の卒園式は袴姿だという。(試行錯誤の準備編1)

    最近は、小学校や幼稚園の卒園式に袴姿が増えていると耳にしていましたが、
    今年、保育園を卒園する孫娘も、クラスでみな袴姿にしようということになったとのこと。

    ”卒園式 袴姿”で画像検索すると、セット販売やレンタルのモデルが百花繚乱のように並んでいて、
    着物もショート丈で、袴もフリルが何段もついたドレス風のものも多く、
    着付けもスカートを穿くように簡単に着られるようです。

    でも、毎年、お正月には着物を着ている孫娘には、七つ祝いの晴れ着に袴を着せたいと思い、
    「ばあばが着付けしてあげるよ」と気軽に引き受けてしまいました。

    大人の袴の着方はわかるのですが、6歳児が簡単に着付けられて着崩れしない袴の着付け方法を・・・
    と、これまたネットで探してみたところ、

    7歳のレンタルサイトの着付け動画



    帯結びなしの着付


    マジックテープで帯も袴も留めちゃう簡単着付


    小学校卒業式用の本格的な袴の着付


    大人とほぼ同じように着せる方法から、コーリングベルトやマジックテープなどで留めてしまうまで千差万別!
    どれが、着やすいのかは実際にやってみないとわからないことに気づき、だんだん心配になってきました。

    卒園式で袴を踏んで転んだり、気分が悪くなったりしては台無しになってしまいますので、
    昔ながらの四つ身着物と袴でも「6歳児でも着てラクチンな袴の着付け」をあれこれ試しながら準備したいと思います。

    本番まで、あと2週間!!

    準備過程を記録していきます。

    桐箱をつやつやに(砥の粉仕上げ)

    ずいぶん久しぶりのブログ更新です。
    以前より月末に一度のノンビリペースでしたが、着物生活の知恵ややりくりなどを忘れないように書き留めていました。
    その生活に変化はなかったのですが……
    パソコンのトラブルやスマホの買い替えなどでブログ制作環境がガラリと変わってしまい、つい後回しになってしまいました。
    「時間が出来たらじっくり落ち着いてやろう…」
    なんてやるわけないですね。
    それでも古い記事などに毎日アクセスしてくださっていて本当に感謝しています。

    今回は、小さな桐箱を磨いてつやつやにしたお話。

    7年ほど前から細々と佐賀錦を織っています。
    孫の七五三の懐剣袋やお雛様の衣装などを作って楽しんでいましたが、
    ぼかし模様の練習に6連作で織った花模様で桐の小さな裁縫箱を作ることにしました。

    ところが、丁度良い大きさの桐箱は、生地のままのメダルを入れるような外箱で
    ちゃっちい!
    のです。

    時代仕上げとまではいかなくても、もうちょっと綺麗にならないかと思案していたところ、
    桐下駄の”砥の粉仕上げ”の実演を見る機会があって、桐箱に応用してみることにしました。

    ◆ 用意するもの(とのこ、水溶く瓶、紙やすり)
    DSC0616.jpg

    ◆ 紙やすりで表面を整えます。
    DSC0618.jpg

    ◆砥の粉を水で溶いて刷毛で塗ります。(ムラにならないように薄く2度塗り)
    DSC0619.jpg

    ◆砥の粉が乾いたら、布で拭き落とします。
    DSC0622.jpg

    ◆砥の粉を拭き取ったら、角のない白い陶器(マグカップを利用しました)で桐の表面を磨いていきます。
    DSC0626.jpg

    ◆つやつやに仕上がりました。
    DSC0623.jpg
    DSC0627.jpg

    ここからいよいよ佐賀錦を貼っていきます。

    ◆織地をホットメルト紙などで裏打ちして裁断し、上面に両面テープか糊で貼り付けます。
    DSC0610.jpg

    ◆周囲にビロードのテープを貼って断ち切り面を隠します。
    DSC0614.jpg

    ◆六個、なんとか仕上がりました。
    DSC0795.jpg






    NEXT≫
    プロフィール

    柾女

    Author:柾女
    自己流のお裁縫でチクチク手縫いを日々楽しみ、”着物ライフ”をつつましく充実させたいと願っています。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    趣味・実用
    4378位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    手芸・ハンドクラフト
    828位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセス
    たるしるみちるランキング
    QRコード
    QR