FC2ブログ

    平成最後もいつもと変わらず着物のリメイク作業です

    この10連休は、寒暖ないまぜの天候らしいので
    一寸肌寒いときの袖無し上っ張りを夏用お召の単衣着物から作ってみました。

    15566378020.jpeg

    ☆作り方は、いつものように超簡単。
    15566363710.jpeg
    赤線で切って、裾をまつるだけ。
    のつもりでしたが、細身の着物だったので袖も外して、脇縫いを目いっぱい幅出ししました。
    これからの季節を考えて袖なし上っ張りでしばらく着てみることにします。

    シャリ感のあるお召生地なので、袖なしにすると、
    肩先が裃のようにツンと突っ張ってしまうので、タックにボタンをつけてなで肩に。
    これなら洋服の上でも羽織れます。
    15566364810.jpeg
    袖は、上っ張りに袖を付けたくなった時のために取っていますが、
    単衣の袖なし上着なら、素材が絹のお召(縮緬)で洗って縮んでも大丈夫そうです。

    ☆さて、赤線から下は何にしよう?

    前身頃2枚、後身頃2枚、衽2枚に共布のいしき当てを取りあえずバラし、
    前後身頃2枚を幅いっぱいに縫いなおした上に衽をヨークにして接ぐと、
    巻頭衣のようなブラウスが出来ました。
    ブラウス

    裾と衽の衿下部分をまつったところは、そのまま生かしましたが、
    肩明きのところには、いしき当てを生かして三角にマチを入れて衿のラインをなだらかに。
    15566364650.jpeg

    シャリシャリの涼しげなフレンチスリーブのブラウスになりました。

    15566364340.jpeg

    令和も「昭和な生活」が続きます。

    絞りの羽織を使って欲しかった小物を手作りしました。

    古い絞りの羽織を持っています。
    古着市で、コントラストの強い縞模様が気に入って買ったのですが、
    裄が1尺6寸5分(62㎝)しかなくて縫い込みもほとんどなく羽織としては使えないので仕舞ったままになっていました。
    haori
    ※ずいぶんくたびれています

    以前、絞りの絵羽柄になっている羽織は、袖なし羽織にして今頃の花寒の季節に来ているので
    「袖なし二つはいらないなぁ」と思案した結果、思い切って解いてしまって活用することにしました。
    先ずは、解いて洗って軽くアイロンかけて干します。
    絞りなのにアイロンとは乱暴ですが、さっぱりしました。(自己責任でね-☆)
    15540510750.jpeg

    ☆No1 着物一式と草履を入れられるバッグ
    羽織の後身頃を背縫いもそのままで使用した、サイズ、縦45㎝、横50㎝、マチ15㎝の大きなバッグです。
    着物や帯、長襦袢、小物などを畳んで風呂敷にくるむとすっぽり入り、その上に草履もOKです。
    bag1

    <作り方>
    後身頃とマチ(持ち手布用)を使用します。
    丈夫にするために裏打ちのゴ-ス(薄い絹)を外して接着芯を貼りました。
    15540500270.jpeg

    裏地は、絹の羽裏は使用せず、丈夫でかわいいウッドペッカー柄の化繊プリント生地です。
    (リバーシブルでも使えます。)
     1)羽織を肩で裁って、後身頃二幅を半分に折り脇をまっすぐ縫います。
     2)底の角を15㎝のマチになるよう三角に縫って内側に倒します。
     3)裏地も1)と同寸法に裁って脇を縫い、2)と同様にマチも縫います。
     4)表地と裏地を外表に重ね、底に50×15cmの厚紙(若しくは段ボール)を挟んで数か所綴じます。
     5)上部を表裏合わせて持ち手巾に襞を取り、持ち手布に縫い付けます。
     6)持ち手布を取っ手に通して、半返し縫いでしっかり綴じ付けます。
     
    ☆No2 U字型のクッションのカバー
    妹からもらった”リラックマ”のU型クッションに、幅が狭い羽織の前身頃を縫い付けただけです。
    15540525890.jpeg

    <作り方>
    裏打ち布をつけたまま左右の前身頃を表裏にとしただけ、カーブだけギャザーを寄せて縫い綴じました。
    cover


    ☆No3 A3の書類が入る手提げ袋
    佐賀錦の原図を作成するときに使用する”A3”の原稿は、自宅ではコピーできないのでコンビニまで持っていくのですが、
    A3が入る袋がなくて困っていたので手作りすることにしました。
    15540489860.jpeg

    <作り方>
    片袖を使います。
    袖を解いて両側を縫い紐をつけただけですが、裏打ち布をつけたままでは幅が足りないので、
    裏打ちのゴ-ス(薄い絹)を外してアイロンで絞りを伸ばし32cmから35cmまで幅出しをして、接着芯を貼りました。
    紐は、袖口布を利用しました。

    ☆No4 マフラー
    着物のときも首が寒いので家でも毛糸のネックウォーマーを巻いていたのですが、
    イメージは、タバコ屋のおばあちゃん!!
    外に出かける時は、ショールにしていたのですが、買い物などはしっかり首に巻けるマフラーの方が断然便利です。
    そこで、柔らかい絞りの生地を活用してマフラーを作ることにしました。

    <作り方>
    衿を使います。
    こちらも裏打ち布(ゴース)は外して、反物巾半分の幅でぐるりと縫っただけです。
    通常衿は、反物の幅のまま折り畳んで作ってあるのですが、この羽織は半分紺無地の綸子を使っていたので昼夜のマフラーになりました。(ラッキー!)
    2019040521083150b.jpg
    ※運針のお稽古になります。

    ※前後の身頃、衿、袖、マチをほとんど裁断することなく縫い合わせて、4品作ることが出来ました。
    あと片袖残っていますが、これは補修用にとっておくことにします。
    生地の性質や寸法などを生かしてあれこれ考えて、身近なものに生まれ変わるささやかな楽しみです。

    七歳のお祝い着には、佐賀錦の筥迫を作りました。

    七五三の記事も今回が最後。
    七歳の孫娘は、3月の卒園式で着た着物と同じで、紅型模様に一目ぼれして30年前に誂えたものです。
    娘から孫へと何度も着てもらえて、ばあばだけでなく着物も喜んでくれているにちがいありません。

    七歳の孫(長女)に揃えたものは、
      
     1 着物
    袴用に短くした腰上げを伸ばしただけで、肩揚げはそのままで大丈夫でした。
    kimono1
    ※巾着袋は、以前、大人羽織を着物にリメイクした時の残り布で作りました。

     2 帯
    30年前の娘の帯は白地でシミも目立つので、手持ちの名古屋帯で胡蝶結びに。
    大人の袋帯では重たくなりますが、名古屋帯でも蜀江錦(紹巴織?)のフォーマル感がある柄で締めやすかったです。
    kimono2
    ※移動中の車のシートに潰されて、折角の帯がぺったんこ!(~_~;)
     
     3 長襦袢
    実は、ばあばの七つ祝いのお下がりです。
    袖丈が合わないので、袖無双のお袖を解いて単衣の袖に伸ばして着物に直接縫い付けています。
    振袖は袂から襦袢の袖がしっかり覗くので、表を内側につけました。
    kimono3

    袖なしになった長襦袢の胴に無双袖の余りをちょこっとつけています。
    jyuban


     4 筥迫
    柄(笹に梅)から作図して織った佐賀錦を大人筥迫の八割サイズで作りました。
    胴締めと本体の梅模様を合わせるだけではなく、地模様の薄桃色のぼかしも合わせて納得の出来栄えです。
     はこせこ


     5 その他の小物として、
    帯揚げ、帯締め、帯板、帯枕、髪飾り、シゴキ、足袋、草履、伊達締め、巾着バッグ
     
    ※帯を結ぶと大人の着付けと同様の小物が必要になりますね。(みんな小さくてかわいい。)

    小物

    3回に分けて、七五三の準備の様子をお伝えしましたが、
    お宮参りの掛け着も男女揃っていますのでレンタルショップがひらけそうです。
    次の出番がおとずれるまで、キチンと手入れを怠らずに大切にしまっておきましょう。
    ひ孫も着てくれるかなぁ。。。。。。


    五歳のお祝い着には羽織を新調しました。

    今年は3人揃っての七五三と前の記事でお伝えしましたが、
    お兄ちゃんは、お宮参りの掛け着を五歳の羽織に直し、
    次男坊が生まれたときはそれをお宮参り用の掛け着にまた戻してのお下がり。
    この掛け着をまた羽織に????
    そいつはちょっと、いつもお下がりばかりの次男坊が可哀そう。
    なので、今回は、五歳の羽織は新調することにしました。
    折角新しく作るのだから、佐賀錦で背中の柄を織ったオリジナルにしようと思い立って、
    図案起こしから半年あまりかけて仕上げました。
    五歳羽織
    うしろ


    龍の柄は、「ドラゴンボールのシェンロン(神龍)」をイメージして作ったところ本人も大喜び!!
    当初は、3か月ほどで織り終えて、日本刺繍師の方に黒地反物に縫い綴じてもらい
    和裁士さんに仕立てて貰う予定で羽二重の反物も用意していたのですが、
    織りに時間が掛かりすぎて、プロにお願いする時間が足りず、
    既製品の黒紋付着物と羽織のセットを購入して、自分で仕上げました。
    背縫いで分けて左右を別々に織り貼りつなげるのはとても大変で、
    日本刺繍の駒取りの手法を真似て慎重に綴じつけました。
    ※あまりに時間が切羽詰まっていて制作途中の写真は忘れてしまいました。

    五歳の次男に揃えたものは、
      
     1 紋付の着物

     2 羽織(今回制作)
    羽織
     
     3 長襦袢

    ※1,2,3は、既製品の五歳祝い着セットを購入しました。
     
     4 袴 

    ※ 袴も手持ちのお召反物で作るはずが間に合わず、兄のお下がりです。
     
     5 その他の小物として、懐剣とお守り(佐賀錦)、角帯、足袋、草履、紐

    五歳道具
    ※懐剣とお守りは、兄の5歳お祝いのときに佐賀錦で作ったものです。


    次は、「七歳のお祝い着」編を書きたいと思います。






    三歳のお祝い着

    2018年もあと少し。早めの夕飯を食べると旦那様は「行く年くる年」に起こしてと言って自室に引き上げてしまいました。
    紅白も知らない歌い手さんばかりでテレビをつける気にもならず、ゆっくりお風呂に入ってのんびりとした大晦日です。

    11月の七五三お祝いの記事の残りがあったっけと思い出し、「三歳のお祝い着」編を書いてみることにしました。
    014b.jpg


    前回の記事で、今年は七歳、五歳、三歳の姉弟妹揃ってのお祝いと書きましたが、
    三歳の二女に揃えたものは、
     
     1 着物(叔母のお下がり)

     2 被布(姉が三歳の時に縫ったもの)

     ※この被布の制作過程については、以前のブログ「七五三のお被布を作ってみました」&「続(花結びと房飾り編)」でご紹介しました。
     
     3 長襦袢

     ※姉が三歳の時に、大人の長襦袢をリメイクして作ったのですが、大きくなっても着られるように、ほとんどハサミを入れずに揚げをたっぷりとっていました。
    1412-F1000613.jpg
     今回、七五三とフルバージョンを揃えたので、このまま次の三歳のお祝いセットとして仕舞っておこうと思い、着丈を丁度良い長さにちょん切ってしまいました。
     
     4 その他の小物として、兵児帯代わりの帯揚げ、バッグ、足袋、草履、髪飾り、紐

    s-DSC_1388.jpg

     着物もお被布もお下がりばっかりで一寸可哀そうでしたので、バッグを新調しました。
    s-DSC_1415.jpg

     表地は市松菱模様の綾織り佐賀錦、裏はクリーム色の無地塩瀬を使って巾着袋を作りました。

    030b.jpg

     みかん色のコロリとした巾着型バッグを二女は大そう喜んでくれたので、ホッとしました。

    次回は、「五歳のお祝い着」編を書きたいと思います。


    NEXT≫
    プロフィール

    柾女

    Author:柾女
    自己流のお裁縫でチクチク手縫いを日々楽しみ、”着物ライフ”をつつましく充実させたいと願っています。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カレンダー
    04 | 2019/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    趣味・実用
    5373位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    手芸・ハンドクラフト
    946位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセス
    たるしるみちるランキング
    QRコード
    QR