ガロンテープ

    最近は、着物をインターネットオークションで、手に入れることが多くなってきました。
    届いた着物は、様々な縫い方や裏に剥ぎなどもあって、「仕立て方は色々あっていいんだ!」とおおらかな気持ちにさせてくれます。

    そんな風にネットで手に入れた紬の着物の裾に花柄のテープが留めてあるものを見つけました。
    「裾がすり切れないように留めてあるんだぁ。」ヘアリボンでもつけたのかなと思っていたのですが、それがちゃんと「ガロンテープ」という名前で、今も販売されているとのこと。

    okadayaで売っているらしいのですが、リンクが外れてたどり着けず、
    検索でヒットした「きものの きらくや」さんで購入しました。(こちらでは、ガロンレースという名前で販売しています。)

    F1000138.jpg


    よくみると、テープの片側(写真右端)だけループ状の淵レース(”ピコピコ”と命名)になっています。
    F1000139.jpg


    勉強中の”とと塾”(ほばーりんぐ・とと)で、その具体的な使い方をお浚いし、これまで付いていた古着の付け方をまねて、とりあえず、手持ちの長襦袢の袖口につけてみました。ひさしぶりの”ちくちく”です。

    F1000140.jpg


    袖口からは、”ピコピコ”だけが覗くように細かく綴じつけました。
    この”ピコピコ”たちが、着物本体の擦り切れるのを懸命にガードしてくれると思っただけで愛おしい。

    今回は、手始めに袖口につけてみましたが、手持ちの普段着の裾全部につけたいと思いました。

    しかし、既に裾がすりきれて汚れちゃった上に綴じつけるのは何とも気が進みません。
    折角の”ピコピコ”ちゃんのために、なんとか裾汚れを取ってからつけたいと思います。
    次回は、禁断の”自分で丸洗い”に挑戦してみます。

    ※galonガロンとは、縁取りや飾り紐っていう意味のフランス語ということで、飾り布だけを指すのではなく洋服やカーテンなんかの縁取りもガロン。あの有名なシャネルスーツの縁取りブレードもガロンと言うそうです。
    ガソリン携帯の「ガロン缶」と結びつかなくておかしい名前だなぁと思っていました。
    プロフィール

    柾女

    Author:柾女
    自己流のお裁縫でチクチク手縫いを日々楽しみ、”着物ライフ”をつつましく充実させたいと願っています。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カレンダー
    11 | 2012/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    趣味・実用
    6182位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    手芸・ハンドクラフト
    1256位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセス
    たるしるみちるランキング
    QRコード
    QR