FC2ブログ

    筥迫ワークショップに参加しました 第2弾

    以前、「筥迫ワークショップに参加しました」でもご紹介しました筥迫工房で開催された
    「三段口扇襠筥迫」(実用筥迫)のワークショップ(8月3~4日)に参加してきました。

    前回の装飾筥迫は、柄合わせや綿入れ、千鳥ぐけと、多様な技術を使いましたが、
    今回の実用筥迫は、型紙に布を張り言われるままに畳んでいくと、あれあれと思う間に筥迫になっていました。
    手芸というより、きっちり折ったり畳んだりする精度で完成度が決まる折り紙と似ていると思いました。
    201385001.jpg
    201385002.jpg


    詳しくは、筥迫工房のブログ「筥迫はつづくよどこまでも」で、ワークショップの様子が紹介されています。



    しかし、今回、最も魅せられたのは、道具セット(当日貸与)の中に入っていた

    携帯裁縫道具入れ!!

    三つ折りで、それぞれ「段口」「小物トレー」「針刺し」が付いていて、組紐でぐるりと巻いて笹爪で留めてあり So Cute!!
    「段口」は、今回の実用筥迫でも作ったポケットで、針通しが入っていました。
    「小物トレー」は、かぶせ型小銭入れのように、開くと四隅が立ち上がり箱になるんです。
     今回は、マクラメピンが入っていましたが、ボタンやスナップ、糸巻きカードなども入りそうです。
    「針刺し」は、なんと瓢簞型をしていて、まち針と縫い針の長さにぴったり。

    裁縫道具入れフリークの私は思わず「先生!コイツの講習会もお願いします!!」と叫んでいました。
    参加者の皆さんも、かわいい!素敵!作りたい!と大絶賛でし た。(文では伝えきれないのが残念!)

    Rom筥さ~ん、この裁縫道具入れもブログで紹介してください。

    追記:
    早速、rom筥さんのブログ「筥迫は続くよどこまでも! 」で「携帯裁縫道具入れ」をご紹介いただきました。


    写真つきで”百聞は一見にしかず”、とてもわかりやすくなりました。

    名古屋帯の柄の位置がおかしい?

    夏の着物が心地よく着られるようになって、真夏でも着物の出番が増えました。
    着物は、上布や絹紅梅など木綿や麻でザブザブ洗えるものが中心ですが、真夏の帯は、なかなか気に入ったものがありません。

    2年程前に、優しいクリーム色で涼しげな8寸の夏帯を格安でみつけて買っていたことを思い出し、
    白い小千谷縮みに合わせて着ようと広げてみたところ、前幅を折ったときの柄の出かたが???変!
    F1000082.jpg

    F1000083.jpg


    お太鼓部分と同様に、広幅の真ん中に花を刺繍してあるんです。
    真ん中からずらして5寸くらいで折っても、刺繍に掛かって柄が上手くでません。

    海外で刺繍だけ発注したのでしょうか。道理で格安だったわけだと合点しました。

    いろあいも素材もとっても素敵なので、あきらめるのは悔しい!!
    前の刺繍を外ちゃえばイケるかもと思いつき挑戦してみました。



    元の図(お太鼓がらと同様に、帯幅の真ん中に刺繍あり)
    F1000085.jpg

    前に折ると柄も途中で折り返されますが、位置も下過ぎて変!

    F1000086.jpg
    下半分の模様を解いてすっきり。うまくいきました。

    F1000087.jpg

    ちなみに、柄は関西巻き。普通に結ぶと前に柄がありませんが、こちらもスッキリして合わせやすくなりました。


    プロフィール

    柾女

    Author:柾女
    自己流のお裁縫でチクチク手縫いを日々楽しみ、”着物ライフ”をつつましく充実させたいと願っています。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2013/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    趣味・実用
    6344位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    手芸・ハンドクラフト
    1195位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセス
    たるしるみちるランキング
    QRコード
    QR