今年の梅雨対策

    今年の梅雨は、雹も霰も降ってくる雷神大暴れの形相です。

    四月からの着物生活もようやく着慣れてきたところですが、雨の日は特別、お出かけの雨支度も小糠雨ではなく、ゲリラ雷雨対策が必須となってきます。

    家で過ごす”ふだん着物”は、単衣の季節ですから、しじらなどの木綿着物を、半襦袢、裾除けorテコ(ステテコ)で短めに着ています。ちょっと買い物には、裸足に下駄で問題なし!
    戻った玄関では、タオルか手拭いでちょいと足を拭いて上がってたなぁと子供の頃を思い出して、復活させました。

    問題は、”お出かけ”のとき。
    絹の単衣でも気にせず颯爽と出かけたいものです。

    朝からしっかり雨振りの場合は、”ポリ着物”も重宝です。
    しかし、絹でも大丈夫な優れものを見つけました。

    それは、ほばーりんぐととさんのブログで以前お出かけ用に奨めておられた軽衫(かるさん)にそっくりなモンペです。

    14060491.jpg

    14060493.jpg
    マチが楔形に長く入っていてとても動きやすい

    これは、虎ノ門の「丁子屋」で買った特製の紐付きモンペで、股上が深くサルエルパンツのようですが、その深い股上のお蔭で通常丈の着物の上にゆったりと履くことが出来ます。

    袴をはくように、ひろげたモンペに跨って、まず前紐を、お太鼓のたれ下で交差して前で結び、後ろの紐は、前の結び目を片方の紐をくぐらせるようにして、前でちょうちょ結びにします。

    14060492b.jpg
    ↑は、浴衣で作った家着の上に穿いたので、絹のおでかけ着物のイメージ図ではありません。m(__)m

    このモンペを履いて雨ゴートを着れば、どんな土砂降りでも大丈夫!
    自転車だってすいすい乗れちゃいます。
    (江戸時代のふだん着小袖で毎日を過ごしておられる「くさのめ工房」さん、”カルサンで自転車”がかっこいい!)

    唯一の欠点は、トイレでの着脱が大変(紐の行き場)なこと。
    このヒモ対策を考えた改良版を作るのが、今後の課題です。

    前回のブログ更新から2か月も空いてしまいました。
    退職してはじめた着物生活の様子をお伝えできると考えていたのですが、パソコンを開くと、あちこちの着物ブログをチェックするのに夢中になってしまい、あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。
    夏の着物対策など、皆さん、あれこれ工夫しながら着物を着ておられて大変勉強になりました。

    ところが、毎日チェックして勉強した楽な着付け方法、着物のお手入れ、夏の汗対策なども、実際にやってみようと思うと「どこで書いていたっけ?」と思い出せずに検索し直し、また、新たな情報を見つけては見入ってしまって「なにを探していたんだっけ?」と当初目的から離れてしまい”ネット遭難”状態で日が暮れて行きます。

    やはり、調べて学んだことは少しずつでも実践し、ここに書き留めておくことにします。

    プロフィール

    柾女

    Author:柾女
    自己流のお裁縫でチクチク手縫いを日々楽しみ、”着物ライフ”をつつましく充実させたいと願っています。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2014/06 | 07
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    趣味・実用
    6182位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    手芸・ハンドクラフト
    1256位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセス
    たるしるみちるランキング
    QRコード
    QR