FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お宮参りの初着→5歳の羽織→お宮参りの初着に戻りました。

    以前、「お宮参りの初着を5歳の羽織に変身」の奮闘記を書いたのですが、
    今年、男の子の孫(次男)が誕生!
    まさか、羽織からお宮参りの初着に戻すことはないだろうと思っていたのですが、
    縫いしろも裁たずに折りこみ、衽も紐も取っていましたので、初着に戻してみました。

    「羽織に変身!」は、作り方や寸法なども試行錯誤しながらの悪戦苦闘の連続でしたが、
    今回は、縫い目を解いて戻すだけなので、比較的簡単なはずです。

    羽織

    <羽織を解く>

    1.肩上げを取り、袖口の下を解いて大袖(袖口が大きく開いている)に戻します。

    2.襟を衿肩明きまで解きます。(羽織の”ち”も取ってしまいます。)

    3.脇のマチと、前身頃、後見頃を解きます。
    裏側の説明

    4.前身頃と後見頃の折り返した裾を解いて伸ばします。

    5.解いた襟、前身頃、後見頃、左右のマチ(元は付け紐)、取っておいた衽にアイロンをかけて折れ跡を消します。

    広げたところ


    <着物にもどす>
    1.後見頃と前身頃の表地の柄を合わせて縫い合わせます。(表の柄の色に合わせて、縫い糸を代えます。)
    針目


    2.裏地は縫いしろで重ねて被せ、くけながら表地の縫いしろに綴じていきます。

    3.衽と前身頃も1と同様に柄合わせして縫い、2のように裏地をかさねて、くけながら綴じます。

    4.以前の衿下に合わせて衿を縫い付け、衿幅を半分に折ってかがります。

    5.マチで使った付け紐を、再度縫い合わせて紐に戻します。

    6.5の付け紐を衿に綴じ付け、紐飾りをつけます。


    5歳のときは、またもや羽織になるのかな?
    ”もったいないバアバ”の究極リサイクルです。

    関連記事

    この記事へのコメント

    トラックバック

    URL :

    プロフィール

    柾女

    Author:柾女
    自己流のお裁縫でチクチク手縫いを日々楽しみ、”着物ライフ”をつつましく充実させたいと願っています。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    趣味・実用
    7422位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    手芸・ハンドクラフト
    1548位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセス
    たるしるみちるランキング
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。